ホーム  >  学校紹介 [ 堀川ものがたり館 ]

                  

「きらり、発見!堀川物語館」

 

          

 

  

 

 

「ひらた船」(川ひらた・五平太)

県指定有形民俗文化財 ひらた船 紹介板

ひらた船付船具一括
昭・37・4・19指定

「ひらた船」とか「川ひらた」(別名五平太ともいう)と呼ばれる川船は、江戸時代は米や雑貨の運送に、また同時代末から明治・大正時代にかけては筑豊の石炭運送の主役として活躍した。

 船の構造は川での運送に便利なように喫水を浅くし、船べりを広くとって造られており、特に浅瀬を通過する時、船体がしなるように設計されている。遠賀川のように川幅の広い所では大型が、そして堀川では標準型または小型が用いられた。


北九州市教育委員会


 積載量は大型で十トン、標準型で七トン、小型で四・五トン位であったという。このひらた船は標準型である。

 遠賀川では帆を張ることもあったが、掘川では棹や櫂を使って船を進め、空船の時は陸上から綱で引張ったりしていた。

 同時に指定された船具は陶製の水瓶、なす型の上野焼徳利、船箪笥などでいずれも船上で、日常用いられていたものである。

本校初代校長であった川原茂先生が、開校当時次々と姿を消す遠賀川・遠賀堀川の「ひらた船」を文化財として残したいと考えられて探し求められたのがこの船です。

 毎年、地元小学生が郷土学習用教材として、見学に訪れます。平成19年11月30日 「産炭地域の特性に応じた近代技術の導入など九州・山口の石炭産業発展を物語る近代産業遺産物群」の「地域活性化に役立つ近代化産業遺産」として認定されました。

 

 

三好セキ女史頌徳碑

頌徳碑 紹介板

三好セキ女史は、岐阜県恵那郡本郷村出身。18歳の時に三好徳松氏と結婚し、1男3女をもうける。

夫の三好徳松氏は、当時の遠賀郡浅川村に生まれ、鉱夫からたたきあげて三好鉱業株式会社の鉱主になり、新しい技術を積極的に取り入れた炭砿経営を行った。大正9年から衆議院議員を2期8年間つとめるなど大きな足跡を残した。

 夫人の三好セキ女史は、当時、小倉市と直方町にしか高等女学校がなかったことから、遠賀郡内に女子中等教育を行う学校の必要性を感じ、大正7年に私財を出して私立折尾高等女学校を設立した。

その後折尾高等女学校は、大正15年に福岡県に敷地・建物すべてが譲渡・移管され、数々の変遷をへて昭和31年に現在の福岡県立折尾高等学校となった。

 セキ女史は、徳松氏の死後、昭和9年に周囲の反対を押し切って三好鉱業を日本炭礦に売却した。

その時、会社の株式をはじめ広大な土地などの不動産をすべて処分し、三好徳松氏名義で次々と公共に寄付した。その後は福岡市に移り住み、昭和33年に81歳で他界した。

 この頌徳碑は、昭和9年に建設された。碑文は、当時の外務大臣でのちに内閣総理大臣となった廣田弘毅氏の筆によるものである。

 

福岡県立折尾高等学校創立50周年を記念してこれを記す。

平成18年8月吉日

福岡県立折尾高等学校

 

 

なお、「きらり、発見!堀川ものがたり館」には、女史の遺品として野外燗付け器(写真)が収蔵されている。

 

 

 

 

         《PDFファイル》

                     添付資料 堀川資料館・ひらた船の見学申込書 新しいウィンドウで表示(PDF:82.1キロバイト) 

 

         《Wordファイル》


 


 


 

 ホーム
福岡県立折尾高等学校〒807-0863福岡県北九州市八幡西区大膳二丁目23番1号
Tel:093-691-3561 Fax:093-691-9529
福岡県立折尾高等学校
〒807-0863福岡県北九州市八幡西区大膳二丁目23番1号
Tel:093-691-3561  Fax:093-691-9529
Copyright(C)2009 orio. All rights reserved