総合実践の授業の様子【平成29年10月】

                            

  ビジネスに必要な事務処理能力を高めるための学習をする学科です。「ビジネス基礎」

「簿記」等の専門教科について学習します。 

 2年次に会計コースとビジネスコースに分かれ更に専門的な学習を進めていきます。

資格の取得においては、簿記検定の上級資格取得ができる学科です。

 また、「情報処理」や「電子商取引」等も学習し、様々な場面におけるコンピュータ

活用能力も高めていきます。


  

 

第148回日商簿記検定試験の結果について掲載します。

 

平成30年2月25日に行われた、日商簿記検定の合格発表が行われました。

 

2年生の授業で取り組んでいる、日商簿記検定2級について調査しました。

 

  北九州市の合格率は 26.5%(商工会議所発表による)

  折尾高校の合格率  75.9%(22名/29名)

 

    総合ビジネス科  13名/19名(68.4%)

    ビジネス情報科   9名/10名(90.0%)

 

2年生の本年度の試験は、今回が最後で、前回の11月の試験からの合格者の累計は以下のとおりです。

 

    総合ビジネス科  18名/24名(75.0%)

    ビジネス情報科  24名/25名(96.0%)

 

色彩検定冬期試験合格者の報告

平成30年3月1日

    

 冬期試験合格者全体写真     総合ビジネス科生徒3名写真

 

平成29年11月12日実施「色彩検定冬期検定」の合否結果が出ました。


受験者数

1年生1名 2年生3名 3年生10名

合格者数

3級11名 2級2名(本校初の合格者です)

 

 総合ビジネス科の生徒3名は、さまざまな場面で活用できる色彩検定の取得に挑みました。学科の授業で色彩について学ぶ機会はなかなかない中、他教科との勉強を両立し、合格を果たしました。3年生については、自身の進路決定後、時間を有効活用したいとの思いで挑戦し、学んだことを次の進路先で活用したいと話していました。

 

授業の紹介「総合実践」

平成29年10月24日

 「総合実践」では、簿記やビジネス基礎など今まで学んだ知識や技能を実務に近い形で学習します。授業は一連の商品売買の業務を実践的に行うことだけでなく、正しい言葉遣いやマナーを身に付けることを学習の目標としています。

 

○小切手や手形をチェックライターで作成しています。授業の様子



 

授業の紹介「財務会計Ⅰ・原価計算(日商コース)」

平成29年10月24日

 日商コースでは、日本商工会議所主催簿記検定2級取得を目指しています。現在、試験範囲等の改訂時期に入り合格が困難になりつつありますが、校外での研修会や補講等で理解を深めることで高い合格率を維持しています。

 検定試験では、11月と2月(再チャレンジ)に行われます。日商簿記2級を取得していると高校卒業後の進路が有利になるだけでなく、生涯にわたって役立ちます。

授業の紹介「簿記」

平成29年10月24日

 簿記は、企業の経営活動を一定の記帳方法で組織的に記録・計算・整理することです。企業の経営活動を把握し、経営計画を立てるためには会計・財務の力が必要です。その力を身に付ける第一歩が簿記を学習することです。簿記を学習することにより、企業が行っている様々な取引が理解できるようになります。簿記を通して仕事や社会を知ることができます。折尾高校では実務で通用する簿記の授業を目標に、資格取得にも力を入れています。

 

授業の紹介「電子商取引」

平成29年10月24日

 3年生では「電子商取引」という授業があります。 

 電子商取引とは、情報通信ネットワーク(インターネットなど)を用いて行われる商業的

な売買契約のことです。売る側の「売ります」という意思表示と、買う側の「買います」と

いう意思表示が合致して成立するものです。

この授業では、売る側の立場から電子商取引の実施に必要な知識と技術を身に付けます。

 例えば・・・

ウェブページ上に載せる画像・動画の作成や加工を行い、プログラム言語を用いてウェブページを制作します。

 授業での学習を通して、「ホームページ作成検定試験」1~3級(日本情報処理検定協会)も取得できます。

 

授業の紹介「ビジネス基礎」

平成29年10月18日

 

 商業科目の中で、最も基礎的・基本的な科目であり、ビジネスに対する望ましい心構えや理念を理解させ、ビジネス諸活動において、合理的かつ主体的に実行できる能力と態度を身につけることを目的としています。

 

 

授業の紹介「課題研究(前期、後期、通年)」

平成29年9月22日

 

3年生では、「課題研究」という授業があり、様々な講座があります。

 前期開設講座は、資格取得に向けた講座で、各自自分が取得したい資格について、計画を立て、合格するために学習していきます。本年度も、日商簿記検定、全商簿記検定、秘書検定、電卓検定、ビジネス文書検定、MOS検定、情報処理検定等の合格に向け取り組み、多くの資格を取得しました。

 後期開設講座は、各自の興味関心のある講座で、各自のテーマに沿った学習を行っていきます。本年度の実施講座は、①広告とマーケティング ②観光ビジネス ③ビジネスマナー ④経営分析 ⑤グラフィックデザイン ⑥動画編集 ⑦秘書実務上級 の7講座です。

 通年開設講座は、販売実習とペン習字2講座です。

 

       
 

 

企業との連携授業紹介(広告と販売促進)                                                                                                                                      平成29年7月9日

 

  マクドナルドと連携して、高校生ならではの視点で新商品開発や新キャラクター、新CM等のアイデアを提案しています。

授業風景

   


 

日商簿記検定合格!   

平成29年7月21日

総合ビジネス科・ビジネス情報科の合同授業の「課題研究」、資格取得の分野で、

「日商簿記講座」の受講生徒の8割の生徒が合格しました。

 

第146回日本商工会議所主催簿記検定(H29.6.11実施)

  2級5名合格(合格率71.1%)
  3級3名合格(合格率100%)



本校3年生総合ビジネス科・ビジネス情報科の

「日商コース」選択者44名の内 

2級取得者が37名(84.0%)となりました。

 


 

 ホーム
福岡県立折尾高等学校〒807-0863福岡県北九州市八幡西区大膳二丁目23番1号
Tel:093-691-3561 Fax:093-691-9529